読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazumaku7(弾き語り1人ROCK) blog

「弾き語り1人ROCK」確立を目指す、★SUPER free Lucky MUSICIAN★ kazumaku7(倉沢和磨) の日常ブログ。

今週のお題「カラオケの十八番」抱きしめたい/Mr.Children

今週のお題「カラオケの十八番」抱きしめたい/Mr.Children

 

 

おはようございます。

kazumaku7です。

f:id:kazumaku7:20170210111527j:plain

本日も、はてなブログさんのお題について

ブログを書いて行きたいと思います。

 

 

カラオケの十八番「抱きしめたい/Mr.Children

です。

 

なんともベタな、、、

なんの捻りもない選曲になってしまいましたが。

(ミスチルさん、大名曲に向かって、すみません。。。)

 

 

中学から高校にかけて

ぼくは長野の片田舎に生息していたのですが、

カラオケBOXでよく友達と遊んでいました。

 

 

当時、流行りだったのもありますね。

CDも売れに売れた時でしたし、

TVでもミュージシャンがバンバン出る時代、

 

歌手、バンドが一番カッコいい職業みたいな、

そんな雰囲気が仲間内でありました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

田舎なので、

遊びと言ったら

カラオケかボーリング位しか無かったんですけど

 

ボーリング場は通いなれたいつもの場所みたいな、

新しいのがなかなかできなかったんですけど、

 

新しいカラオケ屋さんは街にどんどん建って

 

カラオケブームの中で、

行く店行く店、

採点機能を備えているカラオケBOXっていうのが当たり前でした。

 

 

「リズム」「音程」「ビブラート」「メリハリ」

他にもあったかもしれませんが、

結構、細かく採点してくれる採点機能があるのを知り、

 

やっぱり、

仲間内ではありますが

誰よりも高得点狙いたいっていう気持ちもあり

 

 

抱きしめたい/Mr.Children

 

 

で、ひたすら「ビブラート」を追及して高得点を取る

っていうのにはまっていました。

 

ぼくの場合、「音程」とか「メリハリ」っていうのは

まぁ、普通で平均点位だったのですが

 

 

「ビブラート」をひたすらかけることによって

無理やり高得点を打ち出していた記憶があります。

 

 

無駄に「ビブラート」をかければかけるほど

何か、例えるならば

マリオがコインを取った時のような音が鳴り響き

ポイントがどんどん上がって行って

 

これが、長時間になればなる程、

ポイントが上がっていくんですね。

 

 

仲間内も、このマリオがコインを取った時のような音に反応して

賞賛してくれますし、

それがすごく楽しかったのを覚えています。

 

 

最高何点取ったかとか、詳しいことは忘れてしまいましたが。。。

リフィート 

 

考えてみれば、

あの時遊びでやっていた経験が、

少なからず、今の歌唱方法に繋がっているのだと思うと

 

人生は繋がっているし、

本当に面白いなと

 

 

そんなことを、ひとりで考えてます。

 

 

 

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。 

youtu.be

kazumaku7 倉沢和磨(弾き語り1人ROCK)の自然派ブログ 

ワクワクメール