読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazumaku7(弾き語り1人ROCK) blog

「弾き語り1人ROCK」確立を目指す、★SUPER free Lucky MUSICIAN★ kazumaku7 の日常ブログ。

EXCELでTAB譜(簡単)作成~よく口ずさんでいる曲「自分の新曲」~

お題「よく口ずさんでいる曲」

EXCELでTAB譜(簡単)作成~よく口ずさんでいる曲「自分の新曲」~

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
kazumaku7です。

 

f:id:kazumaku7:20170201145109j:plain

EXCELでTAB譜(簡単)作成~よく口ずさんでいる曲「自分の新曲」~

ブログ書きたいと思います。

 

 

まず、EXCEL(エクセル)は知っているけれど、TAB譜(タブ譜)って何?
って思われる方が多いと思います。

 

TAB譜とは、ギターやベース専用の楽譜のことです。
おたまじゃくしの通常の楽譜が読めなくても
ギターの何弦の何フレットを抑えるかというのが一目でわかる譜面です。

 

五線譜の代わりに、6本の線が引いてあり
これは、ギターの弦をそのまま表していて、

その6本の上にはおたまじゃくしではなく、
数字が書かれています。
この数字は何フレットを押さえるかというのが表されています。


視覚的に分かるという、
ギタリストにとっては大変うれしい楽譜です!

このお陰で、未だにぼくは通常の譜面が読めません。

 

 

曲を作って演奏してもらうという機会が
久しぶりにありまして、

 

これは、バンドをやられている方はお分かりになるかと思うのですが、
相手に伝える手段として、まずデモ音源を作成
そして譜面(tab譜であったり楽譜であったりコード譜)を作成し演奏してもらう相手に渡します。

受けとった相手が、スムーズに曲のイメージを捉えて
演奏の練習が出来る様にするんですね。

 

耳コピ出来る子がメンバーに居ると
デモ音源渡すだけで譜面を書くことなく、手間がかからないので
ラッキーなのですが

それでも、譜面はあった方がいいですよね。

 

ぼくは以前、バンドを組んでいたことがあり
そのバンドの楽曲はほぼ、ぼくが作っていました。

 

前述のとおり、曲を作って
デモ音源と譜面をバンドのメンバーに渡して
個人で練習してもらってバンドで合わせて
そしてライブ演奏っていう一連のサイクルでやっていました。

 


なんか、書いていて思い出しましたけど
当時そういう形で
ぼくがギターとヴォーカルをつとめて

ほかに、もう一人のギターと、ベースと、ドラムって
メンバーが居たのですが

メインソングライターですし、ヴォーカルだし
手書きでフライヤー(って言ってもまったくお金がかかっていなく、学校とか親父の事務所のコピー機で大量に印刷したものでしたが)
書いていましたし
友達に配るデモテープのジャケットとか(これも、フライヤー同様、ボールペンで書いた手書きの原稿をコピーしただけのものでしたが)
こういったのも全部やっていました


そういった状況だったので
「俺のバンド」っていうことをライブのMCか何かで言ってしまったんですよね。
フライヤーに書いたんだっけな?

とにかく「俺のバンド」っていうのを言ってしまい

普段は温厚なドラムに「俺のバンド」じゃなくて「俺たちのバンド」だろ!
と怒られた覚えがあります。

そら怒りますわな
バンドって4人居てバンドですものね。

あの当時は、うまく謝れなかったと思いますので、
謝ります。ごめんなさい。


今考えると、
バンドのイニシアチブをぼくが握るっていうのを
他のメンバーが口だしせずにやらせてくれてたんだなって思います。

 

 

 

 

という!

本題からめっちゃ関係ない話をはさみながら。。。
なんか、居酒屋でしゃべっているみたいですね。。。


今日ブログに書きたいのは、EXCELでTAB譜(簡単)作成する話
です!!

前述した、以前組んでいたバンドでは
まずデモテープ(これはぼくがギターで弾き語っているだけのものですが、当時は懐かしいMDですよ、MD!!)
それと、手書きのTAB譜、構成の表、コード譜
を簡単に書いてメンバーに渡してました。


あの時以来の作業ですね。
ひさしぶりに、曲を作って人に演奏してもらえるという機会に恵まれています。

 

 

これは、音楽に限らず
ものを作っている方であれば特に共感頂けることだと思うのですが

 

 

イメージが形になると
ある程度の喜びがあります。

形になったものを
誰かに褒められたり
誰かの心を動かしたり
誰かの役に立った時、

それが至高の喜びにかわります。

自分で言うのもなんですが
すげぇ名曲のデモが完成しました!!

 

 


時代も変わって、
1人でギターベースドラムの打ち込みも手軽に出来る様になりましたし
今回依頼があった曲の、デモテープはほぼそのままバンドで演奏出来るような完成度は高いものになっていると思います。

 

構成を練り直したり
ヴォーカルのキーに合わせて編曲したりという

ヴォーカルが自分じゃない曲を作るっていう経験も出来ました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

今から演奏してくれるみんなに聞かせるのが楽しみです。

 

デモ音源もできたし、
今度はみんなに伝えるために譜面を書こうと思いまして


色々と調べてみました。

今は便利ですね、
PCやスマホで楽譜を作成することが出来ますし、
そのアプリケーションやソフトは有料のものが多いですが

無料のフリーソフトでも、ある程度クオリティが高いものが作れるらしいです。


以前のバンドの時は、TAB譜を
広告の裏とか、実家の家の押し入れに眠っていた かなり黄ばんだわら半紙
(わら半紙!これも懐かしいですね!どこに行ったのでしょうか。。。わら半紙)
とかにボールペンで手書きで書いて
それをコピーして渡してました。

 

今回は、ご依頼いただいたのも同年代の友達とかではありませんし
きちんと大人として
きちんとしたいなという思いも有りまして

 

PCでTAB譜を作ろう!!
という風に至った訳です。
スマートに、
今はタブレットもありますし、紙じゃなくてデータで渡そうかなとも考えてます。


色々アプリとか探したらいっぱいあるのですが、
現在、目下 EXCELで作成中です!!

構成表とコード譜はすでにEXCELで作成済なので
(といってもエクセルの罫線を使っただけの簡単なものですが、、、)


ぼくが作った曲自体はかなりの自信作なので!
TAB譜をEXCELで手軽に作ります。

 

まだ歌詞を考えられていないので、

昨日からこの自分の新曲をよく口ずさんでいます。

 

もしこの記事を気に入っていただけたら、はてなブックマーク宜しくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。 

 

 

【TV収録ライブ告知】
3月22日(水)夜 池袋HOTEYES
前売チケット 3,000円

千葉テレビ(チバテレ)さまの収録ライブ
の出演依頼を頂きました。

TVは本当にちらっとだと思うので、
当日「弾き語り1人ROCK」
を目撃して頂けたら幸いです。

出演20分前後 物販あり

当日はこんな模様です
https://youtu.be/c0GE10zpXSY

お問い合わせ
http://kazumaku7.wixsite.com/index/contact

 

★SUPER free Lucky MUSICAN★

youtu.be

kazumaku7 倉沢和磨(弾き語り1人ROCK)の自然派ブログ